忍者ブログ

全力疾走記

「 ありがとう 」

[PR]

2017.09.23 Saturday 18:25

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ありがとう

2010.10.28 Thursday 22:49

ようやくチェレンに勝てました・・・!
それもこれもレシラムさんのおかげってのがなんとも言えないですが。
戦闘中に入る台詞は全部出せたはず。

私はチェレン好きとしてこれネタバレされたら怒るのでこの先は畳みます。←

あ、そういえばBWのサントラ届きましたー!
今Nの城BGMが流れてます。ここには本当に長期滞在したw
しばらくスーパーN様タイムになりそうだぜ・・・。
と思ったらレシゼク戦来たー!
この曲も散々聞き続けたなあ。最初30秒くらいだけww
初めて全部聞いた時は後半のかっこよさにびっくりしてました。

拍手[0回]

戦闘終了時に「ありがとう・・・!」って言ったんですよ!!
なんか泣きそうになったww
クールキャラどこやった!でも良いよもっとそうやって感情を出しなさい。
「ありがとう」でも「ありがとう!」でもなくて「ありがとう・・・!」ってのが良かった。
病んでいたあの頃を思うと、すごく前向きな子になったんじゃないかなあ。
でも強くなきゃ生きてる意味が無いみたいに思う程の過去があったりするのかね。
もう1回チェレンの最初から最後までを見たい・・・!

私の記憶ではチェレンは元々知識豊富、だけど主人公に勝てない理由はわからない。
気付いたらチャンピオン倒して生きた証が欲しいとか言い出してた。
で、それが今度強さって何?ってことになって、バトルに勝つことだけが
強さではないとわかって今は自分の強さ、弱さを見つめると。
・・・中途半端に覚えてるからだろうけど訳わからんww
病み出したのもいきなりだったよね。
最初から目標はチャンピオンだとは言ってたけど。
なんだろう。
トレーナーになりたかったのは強さが欲しかったから。
知識はあるんだからバトルだって負けない→強くなれる。
自分の方がポケモンを知ってるはずなのに主人公にいつも負ける。
強くなりたいのに幼馴染の中でも一番になれない。
焦り始めた結果、発言がなんだか病んでいる。
でも強さはバトルに勝つことだけじゃないことを学ぶ。
で、自分なりの強さってものを探してるのかな?
・・・やっぱり根本にある強さを求める理由がわからないw
強さが生きる証だってのはきっと昔からそう思い続けてたんだろうけどね。
チェレン見えてないところ多すぎるよ!
いつかちゃんと掘り下げて頂きたいところです。

よーし!ひとまず殿堂入りがしたい。
レシラムさんにも努力値振って、ようやく戦闘出来るようになりました。
ちなみに1回振り間違えてますww
国際孵化の為に数日電源切ってなかったけど、もう仕方なく。
それでも四天王のレベルが高すぎて突破できません/(^0^)\
というかクリアメンバーの誰をリストラするべきなのさ・・・。
やっぱりギギギアルはいた方がいいかもなあ。


夕方からずっと掛けててやっとサントラ1周したー!
とは言ってもチャンピオン戦付近はしっかり飛ばしましたが。
サヨナラのアレンジが素晴らしくガチです。(?)
これ本編で流されてたら涙腺崩壊してたと思いますww
あとカゴメのアレンジも良かった!元々あの曲好きだったので(´ω`*)
街はヒウン、カゴメ、ブラックシティ辺りが好きです。
カゴメタウンに初めて行った時のあの感じは忘れられない。
ED後の街とかはみんな哀愁漂ってて到着する度にちょっとショボーンとしてましたw
そこへ曲はかっこいいのに廃れ切ったブラックシティは怖かった・・・。
人がいてもみんなお金に執着してて怖いんですけどww
あ、そういえばサントラの冊子も良かったですよ!
ケース開けて私がフリーズした。
PR
COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 PASS
COMMENT
PREV  - MAIN -  NEXT

忍者ブログ

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
維亜
性別:
女性
自己紹介:
ゲームと吹奏楽が好きなただの社畜

▼只今のプレイ中ゲーム▼
ポケモンX
ぷよクエ

最新記事

最新コメント

[11/13 維亜]
[11/08 慧恋]
[07/02 莉桜@しろ]
[04/05 慧恋]
[02/05 慧恋]

手書きブログ

ツイッター

ブログ内検索

OTHERS

Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH