忍者ブログ

全力疾走記

「 引き籠り王子 」

[PR]

2019.08.22 Thursday 01:02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

引き籠り王子

2010.12.06 Monday 22:21

今日も元気にグレイセス。
明日も元気にグレイセス。
あーあ、明日1限無ければもうちょっとゲーム出来たのに。
そういえば15日が来年の授業を仮登録する日なんですね。
で、卒業予定の私は関係無いから学校休み!のはずだったんですが。
なんか実行委員呼び出されてました。文化祭の。
しかもお昼ですよ。やめて!私のご飯が無くなっちゃう。
まあでも代わりに13日をバルスしてきたのでそっちが一日休みです。
来週にはゆっくり系譜編遊べてると良いな!

拍手[0回]

研究所突入→ボスに旋狼牙からの昇竜氷舞連打→研究所脱出→帝都に戻る
→政府塔突入→カーツさんこんにちは!!→政府塔脱出→大紅蓮石の元へ
→カーツ戦でボロボロになる→殿下いらっしゃい→英知の蔵へ→スキップ
→世界の中心の孤島に上陸→2度目のリチャード戦に気合いで勝利する
→ソフィが重傷を負わされる→フェンデル、ストラタ、ウィンドルをうろうろ
→ラントに帰還→雪に閉ざされた遺跡到着

本日のメニューでした。ボス戦がだんだんやばくなっている・・・orz
チャット回収のためにWii版の攻略本を片手にやってたんですが、
カーツ戦のフェンデル兵が何故か無限沸き。
そんなことここに書いてない!え、何この仕様変更・・・!!
なんとか突破しましたが、運悪くアスベルさんだけ戦闘不能でした。
で、カーツさんの勇姿を見届けた後、エレスを吸収しに殿下登場。
止めようとするアスベルに攻撃してますが、あれ2発目で殺しに
かかっていたような気がしてちょっと恐ろしかった。

この後星の核手前でリチャード戦。
すごく記憶が曖昧なんですが、リチャードって敵に回った時に
メイルシュトロームとかファントムフレアとか使ってたっけ?
覚えていない。
それにしてもアベンジャーバイトが痛い。
シェイドインペリアルでヒューバートが即死する。
殿下の技は人間特性がいっぱい付いてて羨ましいなあと思いました。
あと孤島での戦闘後にごろんごろんしながら喋ってる殿下の声に
すごいエフェクトかかってましたが、Wii版もあんなだったっけ・・・w
もうちょっと控えめにかかってたような気がする。
すいません。あの辺りを見たのがもう半年以上前なんだww
あ、でも孤島の前ならデータ残ってるかも。
今度Wii版起動してみます。やる気になったら。←

プレイ動画どっかに落ちてないかと思ってニコニコを探してみたら、
トモダチィィィイイが録り直されていたことが発覚したww
そうか、言われてみれば確かにあれっ?ってなったわ。
で、再びプレイ動画を探していた訳ですが、もう系譜編が上がってて
怖いので撤退しました。綺麗な殿下ー!

説明系のイベントをザクザクスキップしてたら良いペース!
お陰でL1ボタンのお世話になりまくってます。
そういえば殿下の装備って持ち逃げされるみたいですね。
私、今回は初期装備をまるっと剥がしてしまったのでロイヤルなものが
しっかり手元に残ってます・・・w
どうしようこれ。系譜編でどうにかしてもらうか。
あとソフィの称号数えたよ。Aは増えてなかった気がする!
Bにはスラッシュローズの他に1つ分枠があったかな?
何だろうなー。
そんでもってカルタで遊んだら黒衣の断罪者が手に入りました。
とりあえず黒いアスベルさんがすごく珍しいです。

ついでに昇竜氷舞は人型サイズが相手だと旋狼牙で吹っ飛ぶせいで
繋げにくくなることがわかりました。
ヴェーレスくらい大きければ何の問題も無かった。
PR
COMMENTS
TITLE

NAME

EMAIL

HOME
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 PASS
COMMENT
PREV  - MAIN -  NEXT

忍者ブログ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
維亜
性別:
女性
自己紹介:
ゲームと吹奏楽が好きなただの社畜

▼只今のプレイ中ゲーム▼
ポケモンX
ぷよクエ

最新記事

最新コメント

[11/13 維亜]
[11/08 慧恋]
[07/02 莉桜@しろ]
[04/05 慧恋]
[02/05 慧恋]

手書きブログ

ツイッター

ブログ内検索

OTHERS

Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH